幼なじみ -Original Ver.-

作詞・河原 優子

困った顔は 子供の頃と変わらない
幼なじみの君
気まぐれな雨 見上げてる

やみそうにないから 駅まで走るよと
飛び出した君の背中 慌てて追いかけた …

夏の雨に はしゃぎながら
君への想い あふれた
恋をしてる 認めたくなかったのに
君のせい …

変わらないね 無邪気な君…
誰より 大切だから
この想いは 知られたくない まだ …
このまま …


自分の夢を ポツリ ポツリと話す 君
遠くを 見つめてる
そんな横顔 はじめてで

誰もいないホーム 夏の風が通る
私の知らない君は 遠くて 眩しくて …

滑り込んだ電車が 今 二人を遠ざけてゆく
見えなくなる 瞬間 手を振った もう …
届かない …

濡れた髪を 遠慮のない
力で 拭いてくれたから
この心が 張り裂けるまで まだ…
このまま …


大好きだと 打ち明けたら
何かが変わってしまう
ケンカしたり 励ましたり いつだって …
楽しくて …

大好きなの 君のことが
今さら こんなに こんなに …
せめて 夏が終わるまで このまま …
いさせて …